« キャンカー・テストで那須へ no2 | トップページ | キャンカー・テストで那須へ No 3の2 »

2008年4月14日 (月)

キャンカー・テストで那須へ No3

狭い室内は最初から分かってる事ですが・・いざ実際に使うとその狭さと
使い勝手がハッキリとした・・足元に物が置けない・置くと身動きが出来ない
最初に考えることは・・物を出し易い所に収納して・・その都度、出し入れする
ゴミ箱、袋、も足元に置かず、足元の扉一箇所をゴミ入れに使う
絶対的に狭い床面積にテーブルとそのポールが大きな顔で面積を占めている
ではテーブル・足のポールも撤去・・・断然楽です急に部屋が広く成りました・・
気分だけでは無く足元にゆとりが・・立ったり座ったりも楽に・・
肝心のテーブルはどうする・・丁度、床の突き当たりの部分、水タンクのスペース
と椅子の部分を含めて・・デットスペースなっている・その上の部分に当たる場所に
長いテーブルをテーブルの面積は前の4倍程に・・部屋は広くなり・・一石二鳥的
発想かも・・で先ずはテーブルの材料に床材を長さ1.63Cmに切り高さは・・カット&
トライで置いてみる・・写真の高さで良いかも・・固定方法は・・76キロが乗っても・
大丈夫な強度の留め方を考える・・作業は・・続く
写真は進行途中です・・この配置がベストかも・・朝モーニングコーピーとパンを
パソコンで前の日のスラスドショーを見ながら・・

Collage
























その他の問題は・・手拭を掛けるハンガーが現在2個付いてますが・・
後少なくても2個・・いや3個は付けなくては・・温泉の後のタオル類が
のれん状態が・・汚らしい・・
低反発ベットも寝難い・・寝具類は以前から使っていた
羽毛布団とシーツで問題は無い・・緩衝材の問題か・・思案中です。

それからお泊り近場でテスト2・・その後に四国の旅にでもと思います・・

|

« キャンカー・テストで那須へ no2 | トップページ | キャンカー・テストで那須へ No 3の2 »